精子

妊娠を希望する人、さらに産み分けを希望する人にとって、X精子やY精子の違いは知っておくべき知識の一つです。

子供は授かりものですから、産み分けをしたところで赤ちゃんが必ず希望の性別になるとは限りませんが、知識を身につけて実践することで産み分けの成功率はぐんと上がります。

X精子とY精子、それぞれどんな特徴があり、どう違うのか、詳しくご説明していきます。

X精子とY精子って何?

妊娠は、卵子と精子が受精し、受精卵となった細胞が子宮内に定着することで成立します。このとき、X精子とY精子のどちらが卵子と合わさるかで、胎児の性別は変わってきます。

人の体の中には46本の“染色体”と呼ばれる最小単位の細胞が存在しています。そして卵巣や精巣などの生殖器にも、全部で23本の染色体があります。

このうち2本が性染色体と呼ばれるものです。男性か女性か、という性別の区別をつける染色体で、男性には“XY染色体”が存在し、女性には“XX染色体”が存在しています。

受精した精子がY染色体を持つもの(Y精子)なら胎児はXY染色体を持つ男の子に、X染色体を持つもの(X精子)なら胎児はXX染色体を持つ女の子に成長する、というわけですね。

そのため、女の子を産みたい場合はX精子が有利に動ける状況を作り出すことを考える必要があるんですね。

X精子とY精子の違いを比較

精子が受精する瞬間

X精子とY精子で赤ちゃんの性別が分けられる仕組みは上記でご説明した通りです。ではこの2つの精子がどう違うのか、もう少し具体的に見ていきましょう。

活動しやすい環境が違う

同じ精子でも、X精子とY精子では活動しやすい環境が違います。X精子は酸性の環境に強く、Y精子はアルカリ性の環境に強い性質を持っています。

酸性・アルカリ性とは、物質を水に溶かしたときの性質のことで、これらを表した数値をpH値(ペーハー値)といいます。pH値は体の部位によって違います。

例えば体液は弱アルカリ性、肌は弱酸性を保っています。そして女性の膣内は通常、pH値3.8~4.5の酸性になります。雑菌の繁殖や侵入を防ぐためです。子宮に近くなればなるほどアルカリ性の分泌液が多く、酸性が弱い環境となります。

量が違う

X精子は量が少ないという特徴があります。Y精子は比較的多く、個人差はありますがその量はX精子の約2倍と言われています。

これは元々はX精子とY精子は同じ数だけ作られていますが、精子の貯蔵タンクがいっぱいになるとY精子が優先して補充されるからなんですね。

そのため、女の子を産みたいと考える方は、旦那さんが精子を貯めすぎると男の子となるY精子の量が増えてしまうので注意したい所です。

運動能率が違う

精子の運動能率というと分かりづらいかもしれませんが、簡単に言うと、精子が元気に動いているかどうかの数値です。運動能率が高ければ卵子まで到達するスピードも早くなります。

自然妊娠のために最低限必要な運動能率は40%と言われており、この数値は加齢により下回る傾向があります。

基本的にX精子の運動能率は低く、Y精子の運動能率は高い性質があります。

寿命が違う

X精子の寿命が2~3日なのに対して、Y精子の寿命は1日と短いのが特徴です。

産み分けを成功させるには、上記で挙げたX精子とY精子の性質を知っておくことも大切ですが、それぞれの精子が受精するタイミングを妊娠する排卵日にうまく合わせることが重要になってきます。

女の子を産みたい場合は、X精子の寿命が長い点を利用して数日前にセックスを行います。

産み分けをする具体的な方法とは?

X精子のY精子の違いを踏まえた上で、産み分けするには具体的にどうしたらいいのかについて、性別ごとにまとめていきます。

女の子が欲しい場合

・排卵日の2~3日前に性交をする
X精子の寿命は2~3日あります。妊娠する排卵日の2~3日前に性交をすれば、排卵日までにY精子は減り、X精子の受精率が良くなります。性交後はY精子の受精を防ぐためにも避妊を!

・淡白な性交を心がける
膣内は通常の状態であれば“酸性”です。つまりX精子が活動しやすい環境ということですね。女性がオーガズムを感じるとアルカリ性の粘液が分泌されて、Y精子が優位になってしまう可能性もありますから、なるべく淡白な性交を心がけるのが〇!

男の子が欲しい場合

・排卵日直前、または当日に性交をする
Y精子の寿命は1日です。妊娠する排卵日直前か当日に性交をおこなうのがベスト。またその前に性交する場合はX精子の受精を防ぐためにも避妊をするようにしましょう。

・女性が気持ちいいと思う性交をする
女性がオーガズムを感じる時、膣内には子宮頚管粘液というものが分泌されます。この粘液はアルカリ性のため、膣内の酸性が和らぎます。その結果、Y精子が活動しやすい環境となり、受精率も高くなります。

・禁欲する
精子の量が多いほど、Y精子の量も多くなります。排卵日前はパートナーとの性交を控え、なるべく精子を溜めておくとY精子がたくさんつくられます。

 

産み分けを成功させるには

産み分けを成功させるには、X精子とY精子をコントロールすること、また受精させたい精子が活動しやすい環境をつくってあげることが大切です。それにはX精子とY精子の特徴を理解しておくことが重要になります。

X精子・Y精子の2つの精子の違いや性質をよく把握して、それに合わせた妊活を行っていきましょう。