生まれてくる赤ちゃんの性別を希望通りにするための産み分け対策。

「本当にそんなことができるの?」「意味あるの?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、実践している人は意外に多く、成功させている人もたくさんいるんですよ。

そんな産み分けの重要な要素の一つが避妊です。特に女の子を産みたいと考えている方は、この避妊が重要となります。

ここではなぜ産み分けの際に避妊が必要なのか、しっかりと避妊するためにはどんな方法があるのかなど、詳しくお伝えしていきます!

産み分けに避妊が必要な理由とは?

産み分けになぜ“避妊”が必要になってくるのか…その理由は産み分けのメカニズムに関係してきます。

産み分けのメカニズム

産み分けをする時は、“子宮にある卵子に、どの精子を受精させるか”がかなり重要になってきます。Xの染色体を持つ“X精子”が受精すれば、生まれてくる赤ちゃんは女の子に。Yの染色体を持つ“Y精子”が受精すれば、生まれてくる赤ちゃんは男の子になります。この2つは同じ精子であるにもかかわらず、それぞれ全く違った特徴を持っています。

X精子の寿命が2~3日とわりと長めなのに対して、Y精子の寿命はたった1日です。その代わり、Y精子はX精子に比べると量が多く、動きが活発で子宮まで届くスピードも早いということが分かっています。産み分けではこの精子の性質を利用して、妊娠しやすい排卵日に目当ての精子を受精させることが成功のポイントになります。

例えば、排卵日の2~3日前に性交をすれば、卵子が子宮に飛び出してきた時にはX精子が多く残り、女の子が生まれる確率が高くなります。排卵日当日に性交をすれば、動きが早いY精子が優位になり、男の子が生まれる確率が高くなります。

このように、いつ性交をするかが産み分けにとって大事になってきます。つまり、「この日!」と思う日以外に避妊なしで性交をしてしまうと、目当ての精子が受精する確率が低くなってしまうのです。女の子が欲しくて排卵日の2日前に性交をしたのに、排卵日当日に避妊なしで性交をしてしまった場合、X精子よりもY精子が優位になり男の子を授かってしまう…ということも考えられます。そういったケースを防ぐためにも、妊娠を期待するタイミングの性交以外は避妊をすることが大切なのです。

産み分けを成功させる3つの避妊方法

避妊方法にもいろいろな種類があるのをご存知ですか?

メジャーなものから、効果が高いのに意外と知られていない避妊方法まで、詳しくご紹介していきます!

コンドーム

コンドームは誰もが知るポピュラーな避妊具ですね。ゴム製の膜を男性器に被せて、精子が子宮に侵入するのを防ぎます。

薄さやサイズもいろいろで、ドラッグストアやコンビニで手軽に購入でき、装着も簡単。正しくつけていれば避妊率もかなり高いアイテムです。メリットが多い避妊法と言えます。

ペッサリー

ペッサリーは女性用のコンドームのようなものです。

伸縮性のある柔らかい輪っかに、ゴムでできたドーム型の膜がついたもので、子宮の入り口をカバーして精子が子宮に入ってしまうのを防ぎます。サイズも10種類ほどあり、自分に合ったものを調整することも可能です。一般的に使われることはほとんどありませんが、こういった避妊法があると聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

女性主体で避妊ができ、パートナーに手間や負担をかけることがありません。また、相手が避妊に協力的でない場合もおすすめ。ただ、デメリットとしては次のようなことが挙げられます。

  • ドラッグストアなどでは手に入らない
  • 病院で子宮口のサイズを計り、入手する必要がある
  • 装着が難しい(ちゃんとつけられているか不安になる…)
  • 人によっては痛みや異物感がある
  • 性交後8時間は精子が残っている可能性もあるため取り外せない
  • 取り外した後は洗浄や保管などの手間がかかる

殺精子剤

精子を減らし、精子の働きを麻痺させる効果のある薬剤のことです。

精子にだけ作用し、人体には害がないことが確認されています。フィルム、錠剤、ゼリータイプなど種類もさまざま。フィルムタイプは薄い紙のようなもので、折りたたんで膣の奥まで挿入します。錠剤もフィルムと同様に、性交前に子宮口近くまで挿入します。ただ、この2つは挿入してから溶けるまで5~10分かかるため、現在では挿入してすぐ効果を発揮するゼリータイプが人気です。

殺精子剤の注意したい点は持続時間が短いということ。性交が長くかかる場合は挿入し直さなければなりません。また膣内で液体となるので、体勢によっては外へ流れ出てしまうことも…。

それらのことから単独での使用は効果がやや不十分と言えます。他の避妊法の効果をより高めるアイテムとして、ペッサリーやコンドームと併用するのがおすすめです。

産み分け成功のためには避妊を忘れずに!

産み分けでは、普通の妊娠よりもさらに細かなタイミングを見計らって卵子と精子を受精させる必要があります。

特に女の子を産みたいと考える方は、排卵日の前にセックスをおこなうので、その後の排卵日周辺の避妊はとても重要です。

希望通りの性別になるように、夫婦に合った避妊具を使いながら妊活を進めていきましょう!